Home » 新着情報 » 企業訪問

企業訪問大阪韓国商工会議所

category : 新着情報 2014.12.1 

自動車クラッチの最大手「株式会社エクセディ本社」
90名が参加(2014.11.24)

大阪韓国商工会議所(高英寛会長)では、11月24日、自動車用クラッチの最大手である株式会社エクセディ本社(大阪府寝屋川市)を訪問見学した。

熱っぽく語る清水社長

熱っぽく語る清水社長

同社は、自動車用クラッチ、トルクコンバータ部品の専門メーカーとして60年以上の歴史、そして23カ国に工場や営業拠点、関連会社41社、連結従業員数17,000人を超え、連結2,342億円の売上高を誇る最大手の企業。
企業理念は、「喜びの創造」と安全→品質→ドンピシャ→コストの順位付けを守り世界100カ国以上の人達とビジネスを展開している。
午後1時前、大阪韓商会長はじめ会員、民団大阪本部団長、婦人会会長ら88名が大型バス2台に分乗。
同社では広報部長ら幹部の出迎えを受け、2Fの大ホールへ。
清水春生社長から「強い中堅企業を作る4つの条件」と題し60分にわたって講演をした。

「強い中堅企業を作る4つの条件」について講演する清水春生社長

「強い中堅企業を作る4つの条件」について講演する清水春生社長

同社長は①人材育成と事業の拡大が企業価値を増大させる、つまり人材育成は「I  LOVE EXEDY 人間づくり」に力を入れることが当社の経営スタイル。 ②スピード第一、経営トップが即断、解決すること。 ③断ち切りたい風土から風通しの良い風土へ転換し報告、連絡、相談の徹底化を図る。 ④生き残る企業になる上で成すべきことは経営トップの考えを全社員に浸透させることである、と話し、最後にこの会社で働いて良かった、と思われるように経営トップは、企業の知名度向上、一体感、やる気を実現させねばならない、と締めくくった。 このあと一行は約3万坪の工場内を4つのグループに分け見学した。

高英寛会長より記念品

高英寛会長より記念品

清水社長をはさんで記念ショット

清水社長をはさんで記念ショット


comment closed


韓日館


Copyright(c) 2014 大阪韓国商工会議所 All Rights Reserved.